林丘寺

林丘寺-音羽御所-

林丘寺のはじまり

もとは修学院離宮を建てた後水尾上皇の第8皇女・朱宮光子内親王の御所でした。朱宮は父から修学院離宮内に別殿を賜って、楽只軒と称しました。
延宝8年(1680年)に上皇が没すると朱宮は照山元瑤と号し、御所を「林丘寺」と改め、門跡尼寺としました。

林丘寺の敷地

上皇の中宮・東福門院の奥御対面所(控室)等を賜って宮殿としましたが、明治17年(1884年)には寺地の約半分を皇室に返還しました。
現在、離宮内にある客殿は華麗優美な装飾でまとめられています。床脇の5段の違棚は、桂離宮、醍醐三宝院の棚とともに天下の3棚と称されています。

林丘寺の境内

本堂には、鎌倉時代の聖観音菩薩立像を安置し、開山堂には元瑤の像を祀っています。東庭の小高い丘にはかつて嵐山を遠望したという望嵐亭があります。

ページの先頭へ戻る

Copy©2015 Rinkyu-ji All Rights Reserved